トリキュラーは日本人向けに作られた低用量ピルです。低用量ピルを服用するメリットは多々ありますし、病院へ行かずに通販で購入することも可能です。また、ピルといってもトリキュラーのような低用量ピルだけでなく、性行為後に服用するアフターピルもありますので、ピルについて詳しく知っておきましょう。

日本は避妊といえばコンドームが主流です。
しかしもしも避妊に失敗した場合に最も困るのは女性の側なのに、コンドームは男性主体の避妊具なのです。
自身で何とかしたいというなら女性は低用量ピルを愛用すべきです。

避妊効果だけではありません。
毎月の辛い生理痛をなんとかしたい・生理をコントロールしたい・女性特有の病気を防ぎたいという場合にも、低用量ピルは効果を発揮します。
わざわざ手に入れるために婦人科に行く必要はありません。インターネット通販でも購入することができるのです。

日本の病院でも処方されているが個人輸入で入手できる

低用量ピルの中でも特に多く使われているのがトリキュラーです。
黄体ホルモン・レボノルゲストレルと卵胞ホルモン・エチニルエストラジオールの2種類の女性ホルモンが含まれています。
レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが脳の下垂体に作用することで排卵に関係するホルモンの分泌を抑え、排卵を防いでくれます。

他の低用量ピルと比べて比較的安価で、それでいて避妊効果も高いことから魅力的な薬、日本の病院でも処方してもらうことができます。
ちなみに、医薬品のためドラッグストアや薬局で手に入れることはできません。

初めてのトリキュラーだと不安もあるでしょうから病院で処方してもらうのが一番です。
服用方法や副作用についてもきちんと説明してもらえます。
ただ、低用量ピルの場合には避妊や生理痛の改善といった効果を求めている間はずっと服用を続けなければなりません。

病院より通販の方が安く買える

病院での処方薬をすすめる看護師小学生時代に初潮を迎えてから60代になって閉経するまでの間はずっと妊娠の可能性があるため、場合によっては何十年も飲み続けることになるのです。
無くなるたびに病院に行って処方してもらって、というのが面倒であれば通販でも手に入れられるのです。
処方箋医薬品のためAmazonや楽天で販売されているわけではありません。
海外で出回っている製品を個人輸入で入手するのです。

ただし、輸入に関する複雑な手続きを行なってくれる個人輸入の代行業者というのがあるので、そこを通じて購入するのであれば普段の通販ショッピングとなんら変わらず手軽に注文でき自宅に届けられます。
病院と比べて安くなります。まとめ買いもできますし、まとめて買ったり定期購入にした方が更に安くなるのでおすすめです。

正しく服用すれば99.7%の確率で避妊効果あり!

コンドームは、確かに装着することでパートナーと直接粘膜で接することがなくなるのでウイルスや細菌が移りにくく、性感染症の予防にはおすすめです。
ある程度の避妊効果もあるのでそのまま着用を続けるようにした方がよいでしょう。

とはいえ、付けずに性行為をしたいと望む男性も少なくはありませんし、破れたり外れたりすることもあります。
性に関することは忌むべきもの・秘めるべきものという日本の教育がありますから、正しい装着法を知らない男性も多いです。
その結果、避妊効果はそれほど高いとはいえなくなっているのです。

一方のトリキュラーは、正しく服用していれば99.7パーセントの確率で避妊効果が得られます。
万が一妊娠してしまうと一番大きな影響を受けることになる女性自身が主体となって行う避妊方法ですから、コンドーム以上にやり方をきちんと調べる方が多いはずです。
それに、外れたり破れたりといったこともないですから、きちんと用法用量を守ってさえいれば強い味方になってくれます。

女性の体はホルモンバランスの崩れによって大きく変化します。
忙しい毎日を送る現代女性たち、バランスが崩れやすくさまざまな不調を感じているのです。
トリキュラーにはそんな不調をどうにかしてくれる効果もあります。

毎月の生理を楽に乗り切りたいという方はもちろん、ニキビなどの肌トラブルを改善する効果もあり美肌を手に入れることができます。
大切な日に生理が来ないように調節することだってできますし、乳がんや卵巣がん予防にもなります。
子宮内膜症の改善にも役立ち、避妊効果とともに本当に妊娠したいと願うときに不妊とならないようサポートしてくれるのです。
女性にとって大変ありがたい薬なのです。

飲み忘れに注意!トリキュラーの使用方法

カレンダーと時計生理不順に苦しんでいる方でなければ、通常は28日くらいの生理周期で2つの女性ホルモンが交互に分泌量が多くなります。
その中で7日間くらいを生理と呼びます。
排卵を抑え生理周期をコントロールするトリキュラーも同じく28日周期です。
それを続けることで生理不順だった人も整ってくるのです。

28日分が1シートになっているのですが、21錠タイプと28錠タイプとあります。
28錠タイプの方もそのうちの7錠は有効成分の入っていない偽薬です。そのため内容的には同じことです。
21日続けて7日間は休薬期間を設ける、そういったやり方が合っている方であれば21錠タイプが良いでしょう。

一方、休薬期間を設けると薬を飲み忘れてしまうという方であれば偽薬を含めて処方された28錠タイプを使用することで、とにかく1日1錠を何も考えず続けていくことができるのです。
どちらが良いというわけではありません。自身の好みに合わせて選んでください。とにかく続けることが必要です。
低用量ピルの場合は最低限の量の成分しか入っていません。
そのためアフターピルと違ってある程度の期間は続けないと避妊効果が出てこないのです。

基本的に、生理の初日から毎日1錠ずつ続けていくのですが、服用開始から8日目くらいから避妊効果が現れ、そのままずっと継続することで2シート目の初日から避妊効果が得られるようになるのです。
もしも服用を忘れてしまうとせっかく続けた1シート目がなかったことになり、リセットされてしまいます。

1錠か2錠の飲み忘れだと、気付いたときにすぐにその分を服用し、その日の分も服用すると良いでしょう。
3錠以上忘れたのであれば、飲み忘れた日から7日間は妊娠の可能性が出てきます。
その期間は性交を控えるかコンドームなどでとにかく注意するしかありません。
毎日同じ時間に服用するようにするなど忘れない工夫をしてください。

トリキュラーに副作用はあるの?併用注意・禁忌は?

低用量ピルはギリギリまで成分を減らして、その代わりに毎日服用することで効果を得る薬です。
望まない性行為をしてしまった72時間以内に急いで服用して妊娠してしまわないようにするアフターピルとは違い、副作用はほとんどありません。
特にトリキュラーは副作用が少ないことからも愛用者が多くいるのです。

とはいえ、まったくないわけではなく、不正子宮出血や嘔吐・頭痛・発疹・下腹部痛・乳房痛といった症状の報告はあります。
ホルモンバランスに影響する以上は1シートから2シート目くらいまではこういった症状が出やすいです。
ただ段々身体が慣れてくるため3シート目くらいになると副作用も落ち着くでしょう。

その後も続いたり我慢できないほどの強い症状が現れるのであればトリキュラーが自身に合っていないのかもしれません。
医師に相談した方がよいでしょう。
場合によっては血栓症など重大な症状が現れることもあるので注意は必要です。

他の薬との併用や服用方法には注意する

もしも日頃から常用している市販薬や処方薬・サプリメントがある場合には医師や薬剤師に相談しておいた方がよいでしょう。
せっかくのトリキュラーの効果を弱めたり、副作用が強く出る危険性もあります。
テトラサイクリン系やペニシリン系の抗生物質・抗結核薬やアセトアミノフェンなどの解熱鎮痛消炎剤、三環系の抗うつ剤など併用はやめた方がよいものはたくさんあります。
病院で処方してもらうならいいですが、個人輸入で手に入れるのであれば自身で調べなければなりません。

普通の薬と同じで、飲むときには水かぬるま湯で飲みましょう。
食前や食後といった制限はないのですが、吐き気が出やすいのであれば飲む時間を調整した方がよいでしょう。
とにかく毎日同じ時間に飲む・飲み忘れが起きないことに注意してください。